コラソン監督が派遣教室 コロナ禍の生徒を激励 ハンドボール

練習法を指導する琉球コラソンの東長濱秀作監督=25日、石垣第二中学校体育館

 日本ハンドボールリーグに所属する琉球コラソンの東長濱秀作監督を迎えたハンドボール教室(主催・美崎牛本店)が25日、石垣第二中学校体育館で開かれた。石垣中、石垣二中、大浜中の男女チームと八重高男子チームが参加し、プロからの指導を受けた。
 東長濱監督は「コロナの影響で未来のある少年少女に目標を失わず元気を与えたい」と開催の経緯を話した。

記事の続きを見る場合にはログインが必要です。会員登録は無料です。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  石垣市商工会青年部(吉田大介部長)、同青少年育成委員会(大浜俊委員長)が18日、国立天文台VERA…
  2.  歴史「に」学ぶ。「を」ではない。歴史というものは、単なる知識の対象でなく、生き方を学ぶ(まねる)場…
  3.  八重山地域新型コロナウイルス対策本部は19日、医療法人上善会かりゆし病院の入院患者男女6人と職員1…

日付から記事を検索

2020年10月« 9月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  石垣市が国内と海外島嶼(とうしょ)地域の3都市から有識者らを招いて島嶼の課題について意見交換し、将…
ページ上部へ戻る