西表島で1人の感染確認 コロナ、八重山累計41人に

 県八重山事務所と八重山保健所は19日、新たに西表島在住の30代女性が新型コロナウイルスに感染したと明らかにした。女性は既に感染が判明している西表島在住者の職場関係者。八重山の感染者数累計は4月以降で41人目、7月以降は37人目となった。
 八重山事務所の宜野座葵所長は西表島の感染状況について「それほど大きな感染にはつながっていない」と述べ、一定規模に抑えられているとの見方を示した。
 新たに感染が判明した女性は無症状で、17日に石垣市の新型コロナ相談外来で検体を採取。PCR検査の結果、18日夕方に陽性が判明した。
 八重山病院のオンライン診察を受け、竹富町の待機施設を経て、19日に県の宿泊施設に入った。現時点で濃厚接触者は確認されていない。
 19日現在、八重山病院には3人が入院。中等症は1人で、他は軽症となっている。
 ホテルでは6人が療養、1人が自宅療養している。ホテルの療養者のうち、5人は20日に退所する予定。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 来年1月末まで予定されている政府の観光支援策「GO TОトラベル」の延長を求める声が八重山の観光事業…
  2. 自衛隊沖縄地方協力本部の石垣出張所(岡本知力羅所長)と宮古島出張所(永利誠実所長)が11月14~15…
  3. 12月1日の世界エイズデーにちなみ、八重山農林高等学校(山城聡校長)は2日、「性と生を考える」をテー…

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

日付から記事を検索

2020年12月« 11月
« 11月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  駐日インド大使館のサンジェイ・クマール・ヴァルマ大使は5日夕、県庁に玉城デニー知事を表敬訪問した。…
ページ上部へ戻る