【金波銀波】個人的な記憶では、石垣小の入学当時…

 個人的な記憶では、石垣小の入学当時、出迎えてくれた校舎はピカピカの新築だった。ペンキも塗りたてで、何かに触った拍子に両手を汚してしまい、大騒ぎになった。すると校長だった国吉長庸先生がわざわざ出てきて、汚れを洗い流してくれた。温厚な表情は今も忘れない◆当時、「島で一番けんかが強い」と豪語し、暴れ回っていた級友は、今や家業を継ぎ、真面目に働いている。わんぱく坊主だった別の級友は、数年前に再会した時、慎ましやかで、シャイな人物に変貌していた。世の中に変わらないものはないと痛感する◆今は40代だが、級友にはもう物故者がいる。そろそろ今後の生き方を、人生の残り時間から逆算して考えなくてはならない。生きているうちにできること、できそうもないことを冷静に選別すべきだろうが、予測不能なのも人生。必ずしも悲観的になる必要はない、と自分に言い聞かせながら、何とか一日一日を乗り越えている◆石垣小の校舎が40年ぶりに新築されるというニュースが入った。生きているうちに2度目の新校舎を見ることになれば、何だか人生の時計の針が一回りしたような気になる。過去をどう生きたか。未来に何があるのか。校舎の姿は変わっても、母校はずっと証人であり続ける。     (N)

関連記事

ピックアップ記事

  1.  県は27日、石垣市で、市内で男女5人が新たに新型コロナウイルスに感染したと発表した。うち4人は25…
  2.  石垣市で沖縄本島からの渡航者が新型コロナウイルスに感染する事例が相次いでいることを受け、中山義隆市…
  3.  尖閣諸島に対する国民の当事者意識の高揚を図ろうと、公益社団法人日本青年会議所沖縄ブロック協議会(結…

日付から記事を検索

2020年10月« 9月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  宮腰光寛沖縄担当相は14日の記者会見で、沖縄都市モノレール株式会社が2022年度までにゆいレールの…
ページ上部へ戻る