中国船の領海侵入最長に 周辺で日本漁船が操業 尖閣周辺

 第11管区海上保安本部(那覇)は13日、石垣市の尖閣諸島周辺で、11日午前に侵入した中国海警局の船2隻が領海内にとどまっていると発表した。周辺では日本漁船が操業している。領海侵入の連続時間は、7月に記録した39時間23分を13日午前2時11分ごろに超え、2012年9月の尖閣国有化以降、最長となった。中国公船が尖閣周辺で領海侵入したのは、今年23日目。

記事の続きを見る場合にはログインが必要です。会員登録は無料です。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  県は20日、石垣市で、かりゆし病院の入院患者1人、職員4人の計5人が新たに新型コロナウイルスに感染…
  2.  八重山農林高校(山城聡校長)のライフスキル科は19日午前、同校で「食育で子育て支援活動~農業高校生…
  3.  新型コロナウイルスの感染拡大がなお続いている。石垣市では、かりゆし病院でクラスター(感染者集団)が…

日付から記事を検索

2020年10月« 9月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  文化庁は20日、地域の有形・無形の文化財をテーマでまとめ、魅力を発信する「日本遺産」に21道府県の…
ページ上部へ戻る