勇壮に棒術披露 与那国祖納で豊年祭

与那国独特のンヌン(太鼓)が鳴り響く中、3公民館が勇壮な棒を演じた=5日午後、与那国町の十山御嶽

 豊年祭シーズンの最後を飾る、与那国島祖納豊年祭(主催・祖納自治公民館連絡協議会)が5日、十山御嶽で開かれ、東・西・嶋仲の各公民館による棒術や太鼓、与那国島独特のドゥンタなどを住民たちが楽しんだ。今年は西暦偶数年のため、大綱引きは行われなかった。

 行事は早朝の祈願でスタート。午前9時からは恒例のみこしパレードが行われ、集落内を練り歩いた。

 祝賀会は午後2時からは十山御嶽で始まり、外間守吉与那国町長は「離島活性化交付金を活用し、(キビ刈りに訪れる)援農隊の宿舎を整備するめどがついた。観光業のみなさんとも協力しながら、新規就農者受け入れや与那国島マラソン時の宿不足解消などに活用していきたい。毎年言っている通り、与那国のキビ生産高は、人口が同程度の多良間村と比べ、3分の1にしかならない。農家のみなさんのさらなる奮起を」とあいさつした。

▼過去記事の 全文は「新聞オンライン.com」で
沖縄本島版 http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamahontoban.html

関連記事

ピックアップ記事

  1.  創造性を核とした世界の都市同士が連携し、地域の創造産業の発展と都市の持続可能な開発を目指す「ユネス…
  2.  琉球伝統芸能デザイン研究室(山内昌也代表理事)は24日、県庁で設立会見を行った。琉球時代に士族の間…
  3.  27日に開業を予定しているサンエーパルコ(上地文勝社長)は25日、大型商業施設「サンエー浦添西海岸…

日付から記事を検索

2019年6月« 5月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  「琉球新報、沖縄タイムスを正す県民・国民の会」の代表運営委員で、専門チャンネルキャスターの我那覇真…
ページ上部へ戻る