本土の「秋の香り」に触れる 保育園にイガ栗など贈呈

イガ栗などを目にして歓声を上げる子どもたち=3日、ひまわりっこ保育園

 伊原間たいらファミリー(平良正吉代表)は3日午後、交流のある埼玉県白岡市新白岡駒形地区の濵田久雄さんの「濱田農園」から届いたイガ栗、イチョウの葉、モミジの葉を社会福祉法人山原福祉会認可保育園ひまわりっこ保育園(大工盛賢理事長)の園児ら69人にプレゼントした。

 たいらファミリーは石垣島のパインやサンゴ、ハイビスカスを白岡市に送っており、これに対する返礼として送られてきた。平良八重子さんによると毎年この季節に採れたてのイガ栗や紅葉した葉を石垣島の子どもたちに届けてもらっているという。「石垣では目にすることができない秋を楽しんでほしい」と話した。

 同保育園の大工美惠子園長は「子どもたちはとても感激している。栗ご飯にして園児らに秋の味覚を食べさせたい」と感謝した。

 前泊亜美さん(5)は「生まれて初めてイガ栗を見た。栗を食べたい」、玻座真すみれさん(5)は「初めて見たイガ栗はとげがあり、チクチクして痛い」と、笑顔を見せた。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 東京五輪の自転車競技(ロードレース)に内定した石垣市出身の新城幸也=バーレーン・マクラーレン所属=は…
  2. 一般社団法人日本沖縄政策研究フォーラム(仲村覚理事長)は21日、沖縄や台湾の安全保障をテーマにした講…
  3.  石垣市(中山義隆市長)は、宜野湾市(松川正則市長)、名護市(渡具知武豊市長)と共同でAI(人工知能…

日付から記事を検索

2020年11月« 10月
« 10月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  投票権は大切な権利だが、投票することがかえって沖縄の未来に影を落とす結果を招くかも知れない―。少な…
ページ上部へ戻る