本土の「秋の香り」に触れる 保育園にイガ栗など贈呈

イガ栗などを目にして歓声を上げる子どもたち=3日、ひまわりっこ保育園

 伊原間たいらファミリー(平良正吉代表)は3日午後、交流のある埼玉県白岡市新白岡駒形地区の濵田久雄さんの「濱田農園」から届いたイガ栗、イチョウの葉、モミジの葉を社会福祉法人山原福祉会認可保育園ひまわりっこ保育園(大工盛賢理事長)の園児ら69人にプレゼントした。

 たいらファミリーは石垣島のパインやサンゴ、ハイビスカスを白岡市に送っており、これに対する返礼として送られてきた。平良八重子さんによると毎年この季節に採れたてのイガ栗や紅葉した葉を石垣島の子どもたちに届けてもらっているという。「石垣では目にすることができない秋を楽しんでほしい」と話した。

 同保育園の大工美惠子園長は「子どもたちはとても感激している。栗ご飯にして園児らに秋の味覚を食べさせたい」と感謝した。

 前泊亜美さん(5)は「生まれて初めてイガ栗を見た。栗を食べたい」、玻座真すみれさん(5)は「初めて見たイガ栗はとげがあり、チクチクして痛い」と、笑顔を見せた。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  陸自駐屯地配備に信念を持って反対する市民にとっても、先日の集会でのあの発言は内心、顰(しか)めっ面…
  2.  シルバーウイーク最終日の22日、観光を終え、新石垣空港から島を後にする観光客からは「安心して観光で…
  3.  石垣市が2019年度に障害者、障害児、難病患者を対象に実施したアンケートで、「今後、収入を得る仕事…

日付から記事を検索

2020年9月« 8月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  5月30日に行われた「考えましょう 私たちの安全を 拉致問題を考える石垣の集い」(主催・特定失踪者…
ページ上部へ戻る