秋、深まる きょう霜降 西表で最低気温20度

高度約6000㍍上空に広がる雲海。夕日と雲は秋の深まりを感じさせる=10月中旬、JTA機内から撮影

 きょう23日は霜降(そうこう)。二十四節気の一つで、秋が一段と深まり、朝霜が見られるころという意味で、朝晩の冷え込みが厳しくなるころとされる。

 「秋の日はつるべ落とし」というが、日脚もぐんと短くなった。石垣のきょうの日の入りは午後6時11分。7時前には辺りはもう真っ暗だ。朝晩はひんやりとして、エアコンを使わない日が多くなった。

 22日の最高気温は各地とも10月下旬から11月中旬並みの26度~27度台を観測。最低気温は西表で20度、大原20・1度と今季最低となり、肌寒い朝を迎えた。

 週間天気予報によると、最高気温・最低気温とも期間の前半は平年並みか平年より高く、期間の後半は平年より低い見込み。
  (文・写真 南風原英和)

関連記事

ピックアップ記事

  1.  第71回沖縄県民体育大会のアーチェリー競技が16、17日の2日間、浦添市の県立鏡ヶ丘特別支援学校ア…
  2.  障害のある学生の就職支援に役立てようと八重山青年会議所(JC、上地誠理事長)は20日、八重山特別支…
  3.  イオン琉球(佐方圭二社長)は21日、販売が解禁された今年度のボージョレ・ヌーヴォーの販促イベントを…

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

日付から記事を検索

2019年11月« 10月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  奄美、沖縄の自然を世界自然遺産登録を目指し、企業などで構成する「世界自然遺産推進共同企業体」の発足…
ページ上部へ戻る