松川市長「説明がなく判断下せない」 県民投票で普天間固定化に懸念

 玉城デニー知事への表敬と初会談を行った宜野湾市の松川正則市長は26日、終了後に報道陣の取材に応じ、辺野古移設の賛否を問う県民投票について「現状は、(実施が市町村の)義務であると認識している。ただ、説明が無いままで判断は下せない。躊躇(ちゅうちょ)する部分はある。いろいろ検討はしている」と述べた。

 賛否だけでしか県民が意思を表明できない今回の県民投票では、移設に反対する結論が出る可能性が高く、普天間の固定化につながるとの指摘には、「そこを懸念している」と述べ、玉城氏に対応を求めたと強調した。

 県民投票が全会一致で決まらなかったことについては「二者択一は、いかがかなと。これも懸念を持っている」と述べ、問題視した。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  環境省沖縄奄美自然環境事務所(東岡礼治所長)は23日午後、新たな試みとなる「侵略的外来種に関する簡…
  2.  沖縄総合事務局は23日、2019年の国内港へのクルーズ船寄港数の速報値を発表した。那覇港が260回…
  3.  県は世界自然遺産登録候補地、西表島の入域観光客数の上限となる基準値を、2009年~18年までの10…

日付から記事を検索

2020年1月« 12月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  「尖閣諸島を守る会」代表世話人の仲間均石垣市議は23、24の両日、漁船「高洲丸」に乗り、尖閣諸島周…
ページ上部へ戻る