【視点】訪米も具体的な展望見えず

 玉城デニー知事が、米軍普天間飛行場の辺野古移設反対を訴えるため訪米している。12日(日本時間13日)にはニューヨークの国連本部で軍縮担当の中満泉国連事務次長と会い「沖縄をアジアの平和のための緩衝地帯にしたい」と述べた。これは翁長雄志前知事がたびたび使っていた言葉だ。この発言に象徴されるように、玉城知事は米国でも前知事と同じ主張に終始するのだろうか。そうであれば、今回の訪米が何らかの新局面につながる可能性は低い。
 玉城知事は米国で、ニューヨーク大での講演、メディアの取材対応、ワシントンで有識者との面談、沖縄県人会との交流をこなした。14日(日本時間15日は、国務省、国防総省担当者、連邦議会調査局との面談などが予定されている。16日には帰国する予定だ。
 ニューヨーク大での講演では、沖縄に米軍基地が集中する現状を説明し「日米両政府が強行する新基地は要らない」などと訴えた。言葉の端々に、翁長前知事の声がこだましているような印象を受ける。
 国連本部で玉城知事が発した「平和の緩衝地帯」という言葉が何を意味するのか不明であることは、前知事時代から既に指摘されていた。
 非武装地帯を意味するのであれば非現実的だし、単に沖縄から平和を発信するというのであれば、沖縄戦の体験を継承するなど、自治体としてこれまで取り組んできたことの域を出ない。行政の長の発言としては、あまりに抽象的で具体性を欠く。

ページ:

1

2

関連記事

ピックアップ記事

  1.  夏の全国高等学校野球選手権沖縄大会に代わる独自の県大会公式戦「2020県高校野球夏季大会」(主催・…
  2.  本格的な夏を迎えて熱中症対策用品が石垣市のスーパーやホームセンターの売り場を賑わせている。空調服や…
  3.  政府と県の対立が膠(こう)着状態に陥っている米軍普天間飛行場の辺野古移設問題を打開するため、中谷元…

日付から記事を検索

2020年7月« 6月
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  県立八重山病院(篠﨑裕子院長)は4日、がんの放射線治療外来を初めて開設した。毎月第1火曜日の午後、…
ページ上部へ戻る