しめ縄出荷スタート 今年は目標2千600本製作 八重山育成園

しめ縄出荷ため最後の袋詰め作業を行う施設利用者=29日、八重山育成園

 市内の多機能型事業所八重山育成園(東金城達三施設長)で29日午後、施設利用者が丹精込めて製作したしめ縄の出荷がスタートし、利用者や職員らがテープカットや鳩の放鳥、三三七拍子で盛大に見送った。
 同施設では、生産活動の一環として約40年以上前からしめ縄作りに取り組んでおり、出荷セレモニーは毎年行われる恒例イベント。この日は、645本が市内のスーパーに出荷された。目標としている製作個数は2千600本で、市内や沖縄本島、本土へ出荷される。
 セレモニーで東金城施設長は1年間の作業を振り返り、利用者らの労をねぎらった。新垣重雄理事長は「1年かけて作った大事なしめ縄を売り切って良い正月を迎えよう」と激励した。
 しめ縄は、施設利用者のほとんどが作業分担し、1年がかりで製作。1月に装飾品の準備、6月はわら集め、9月には本体を編み始め、10月から飾り付けを行っている。サイズは特大・大・中・小の4つで、同園でも販売している。
 問い合わせは、八重山育成園℡82・5053まで。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  日本酒、焼酎、泡盛などの「國酒」を製造する全国有志の蔵元が新型コロナウィルスの終息を祈念し、北海道…
  2.  日本政府が新型コロナウイルスの水際対策として実施している外国人の入国制限の緩和について、タイ、ベト…
  3.  連載3回目にして早くも再登場だ。小欄の常連になる予感がする。年末に「年間大賞」でもやったらぶっちぎ…

日付から記事を検索

2020年6月« 5月
« 5月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  在日の華僑が中心になり、石垣島で建立計画が進んでいる「媽祖(まそ)廟(びょう)」を巡り、地元で設立…
ページ上部へ戻る