しめ縄出荷スタート 今年は目標2千600本製作 八重山育成園

しめ縄出荷ため最後の袋詰め作業を行う施設利用者=29日、八重山育成園

 市内の多機能型事業所八重山育成園(東金城達三施設長)で29日午後、施設利用者が丹精込めて製作したしめ縄の出荷がスタートし、利用者や職員らがテープカットや鳩の放鳥、三三七拍子で盛大に見送った。
 同施設では、生産活動の一環として約40年以上前からしめ縄作りに取り組んでおり、出荷セレモニーは毎年行われる恒例イベント。この日は、645本が市内のスーパーに出荷された。目標としている製作個数は2千600本で、市内や沖縄本島、本土へ出荷される。
 セレモニーで東金城施設長は1年間の作業を振り返り、利用者らの労をねぎらった。新垣重雄理事長は「1年かけて作った大事なしめ縄を売り切って良い正月を迎えよう」と激励した。
 しめ縄は、施設利用者のほとんどが作業分担し、1年がかりで製作。1月に装飾品の準備、6月はわら集め、9月には本体を編み始め、10月から飾り付けを行っている。サイズは特大・大・中・小の4つで、同園でも販売している。
 問い合わせは、八重山育成園℡82・5053まで。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  八重山公共職業安定所が発表した2019年度上半期(4~9月)の有効求人倍率は1・65倍で、過去2番…
  2.  1989年に死去した国民的歌手、美空ひばりさんの「新曲」がNHK番組で披露された。AI(人工知能)…
  3.  自衛隊と在日米軍はこのほど、部隊を指揮する将校(幹部)を補佐し、現場隊員を統括する日米の上級下士官…

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

日付から記事を検索

2019年11月« 10月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  石垣島の星の祭典「南の島の星まつり2019」(主催・同実行委員会)で4日午後、世界初のブラックホー…
ページ上部へ戻る