国内外から500社以上が参加 大交易会始まる

参加企業が並んだ個別商談会場。国内外から多くの企業が参加した=29日、沖縄コンベンションセンター

 日本最大級の「食」をテーマとした国際商談会「沖縄大交易会2018」(主催・同実行委員会)が29日、宜野湾市の沖縄コンベンションセンターで開かれた。30日まで。国内外から農水畜産物に関係する企業が集まり、販路拡大を目指す国際食品商談会は、今年で6回目。今回から海外サプライヤー(生産者・商社)も招へい。海外商品も商材とした商談会も開かれる予定で、国内参加企業も合わせて合計約500社の企業が参加した。
 玉城デニー知事は「初めて47都道府県全ての地域と海外サプライヤーに参加して頂いた。東アジアの中間地点にある沖縄の国際物流拠点・交易拠点としての可能性を見出して頂くことを期待する」と述べ、盛会を祈念した。
 約500の企業が集まり、商品の買い付けや販売に向けた契約を取り付けるべく、事前予約をした上で個別に商談を重ねる。個別にブースを設けて商談を行うエリアに加え、泡盛の販促と魅力発信を行う「いいね!AWAMORI展」や、PRブースも設け、商機の幅を広げる。香港やタイ、シンガポールなどの東南アジア市場への販路拡大・進出を目指す企業向けのセミナーも開催。参加費無料で県内外企業を支援する。
 大交易会に初めて参加し、先日県内で行われた離島フェアにも参加した泡盛メーカーの関係者は「商談数に目標はない」としつつ「勉強させてもらいたい」と意欲的に語った。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  石垣島で春季一次キャンプ中の横浜F・マリノスは19日、サッカーパークあかんまで海邦銀行SCと練習試…
  2.  県PTA研究大会八重山大会では、石垣市出身のフリーアナウンサー、野底美智代さん(48)が「期間限定…
  3.  「和衷協同!結いの心で紡(つむ)ぐ愛」をスローガンに、第61回沖縄県PTA研究大会八重山大会(主催…

日付から記事を検索

2020年1月« 12月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  政府、県、那覇市が主催した「北朝鮮による拉致問題を考える国民の集い」が24日、同市の沖縄青年会館で…
ページ上部へ戻る