「予算案の可決を」―会代表 「各議員が判断」―上地議長 県民投票の会と宜野湾市議が意見交換

意見交換会の冒頭であいさつする元山仁士郎代表=11日午前、宜野湾市役所

 米軍普天間飛行場の辺野古移設を問う県民投票条例の制定を請求した「『辺野古』県民投票の会」の元山仁士郎代表らは11日、宜野湾市議会(上地安之議長)を訪れ、与党会派・絆クラブの市議らと意見を交わした。元山氏は「ぜひ予算案を通してほしい」と県民投票の実施を求めたのに対し、上地議長は「今はまだ予算が計上されていない段階」として明確なコメントは避けた。また、各議員の対応については、「議員それぞれの考え方の中で、市民の声を反映させていくと思う」とした。予算案は13日または14日に提出され、20日の本会議で議論して採決される予定。意見交換は冒頭だけ報道陣に公開された。

記事の続きを見る場合にはログインが必要です。会員登録は無料です。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  八重山3市町は1日、新型コロナウイルス感染拡大で観光客に求めていた来島自粛要請を解き、受け入れを解…
  2.  県立高校は1日、部活動を段階的に再開する。部活動については5月18日に県教育委員会が学校再開の21…
  3.  90%減。衝撃的な数字が発表された。4月に県を訪れた観光客の前年比だ。新型コロナウイルスで来島自粛…

日付から記事を検索

2020年6月« 5月
« 5月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  奄美、沖縄の自然を世界自然遺産登録を目指し、企業などで構成する「世界自然遺産推進共同企業体」の発足…
ページ上部へ戻る