モノレールの運行一時停止 那覇で60㌔不発弾2発処理

今回処理された不発弾2発。手前側の白い布に巻かれた部分に処置を行い、爆発しない状態にした(左)。処理開始前の現場の様子。処理現場はマンションや一軒家が建ち並ぶ住宅街。モノレール(奥)が近くを走り、2発の不発弾が見つかった(右)=16日、那覇市宇栄原

 那覇市(城間幹子市長)は16日、宇栄原1丁目のマンション建設現場で発見された不発弾の処理を行った。陸上自衛隊第101不発弾処理隊が実施し、現場に設置された処理壕内に不発弾を設置後、隊員が信管を手作業で外した。処理されたのは、旧日本軍製の60㌔爆弾2発で、住宅地にあるマンション建設現場で見つかった。

記事の続きを見る場合にはログインが必要です。会員登録は無料です。
ページ:

1

2

関連記事

ピックアップ記事

  1.  石垣市議会(平良秀之議長)は臨時会2日目の13日、市が新型コロナウイルスの経済対策として提案したプ…
  2.  西表島(竹富町)のバーベキュー(BBQ)会場で起きた新型コロナウイルス集団感染で、県八重山保健所は…
  3.  玉城デニー知事は13日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、県独自の緊急事態宣言の期限を当初の15…

日付から記事を検索

2020年8月« 7月
« 7月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  沖縄県は17日夕、クロマグロ漁で県内割当量の95%(約107・8㌧)に達したため、採捕停止命令を告…
ページ上部へ戻る