モノレールの運行一時停止 那覇で60㌔不発弾2発処理

今回処理された不発弾2発。手前側の白い布に巻かれた部分に処置を行い、爆発しない状態にした(左)。処理開始前の現場の様子。処理現場はマンションや一軒家が建ち並ぶ住宅街。モノレール(奥)が近くを走り、2発の不発弾が見つかった(右)=16日、那覇市宇栄原

 那覇市(城間幹子市長)は16日、宇栄原1丁目のマンション建設現場で発見された不発弾の処理を行った。陸上自衛隊第101不発弾処理隊が実施し、現場に設置された処理壕内に不発弾を設置後、隊員が信管を手作業で外した。処理されたのは、旧日本軍製の60㌔爆弾2発で、住宅地にあるマンション建設現場で見つかった。

記事の続きを見る場合にはログインが必要です。会員登録は無料です。
ページ:

1

2

関連記事

ピックアップ記事

  1.  サッカーJ2のFC琉球(樋口靖洋監督)の選手27人とスタッフや関係者ら10人の計37人は22日午後…
  2.  竹富町などの離島から石垣島への急患搬送で、ヘリポートの位置をどうするかが議論になっている。  急…
  3.  離島から石垣島への急患搬送で使われるヘリポートの設置位置を巡り、第11管区海上保安本部石垣航空基地…

日付から記事を検索

2020年1月« 12月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  在日の華僑が中心になり、石垣島で建立計画が進んでいる「媽祖(まそ)廟(びょう)」を巡り、地元で設立…
ページ上部へ戻る