波照間―石垣デモ飛行 20年夏、定期便計画も GOLD社

石垣―波照間線路のデモ飛行が行われた=17日、石垣空港

 来春から石垣―波照間島間で小型飛行機による不定期チャーター運行を計画している㈱GOLDentertainment1895(尹泳斗総責任者)が17日、竹富町の西大舛高旬町長らを招き、石垣空港でデモ飛行を行った。同社などによると事業は具体化していないが、2020年夏には定期便として運行する計画もあるという。
 モデル飛行で使われたのは小型航空機のKODIAK(コディアック)。6~8人乗りのタイプがある。波照間空港は滑走路が800㍍だが、離発着は可能という。波照間島まで約20分のフライト。
 西大舛町長は「どうしても波照間に行きたい時でもチャーターできる。なんとか週3回の不定期でも飛んでもらいたい。空路を開港したい」と期待した。
 総責任者の尹氏は「波照間―石垣間は、何年も問題を抱えてきた。解決しようと思い、デモフライト実施となった」と経緯を説明した。
 デモ飛行は18日にも行われる。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  学習指導要領の改訂に伴い、中学校や高校でがん教育が推進されるのに合わせ、教職員らの理解を深める目的…
  2.  竹富町ホームステイ事業で米国シアトルに派遣されていた竹富町の中学生5人の帰国報告会(主催・竹富町教…
  3.  空手の普及に努めている一般社団法人劉衛流龍鳳会(佐久本嗣男会長)は20日、恩納村の恩納海浜公園ビー…

日付から記事を検索

2019年8月« 7月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  石垣島への陸上自衛隊配備に向け、駐屯地建設工事が進む平得大俣地区の旧ゴルフ場前で、石垣市が市有地に…
ページ上部へ戻る