辺野古反対派リーダー上告 抗議活動巡り有罪に不服

 米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古移設への抗議活動に伴い、威力業務妨害や器物損壊などの罪に問われた反対派リーダーで沖縄平和運動センター議長、山城博治被告(66)は19日、懲役2年、執行猶予3年とした福岡高裁那覇支部判決を不服として最高裁に上告した。
 13日の高裁判決は、山城被告が辺野古の米軍キャンプ・シュワブの工事用車両出入り口付近に大量のブロックを積んだ行為を「工事を不当に妨害した」と認定。「抗議活動の一環で表現の自由の範囲内」などとし、有刺鉄線をペンチで切った行為以外の無罪を主張した被告の控訴を棄却した。
 弁護側は上告理由を「高裁判決は表現の自由の解釈を誤っており、憲法違反に当たる」としている。
 高裁判決によると、山城被告は2016年、ブロックを積んで資材搬入を妨害したり、米軍北部訓練場(東村など)の近くで沖縄防衛局職員の肩を揺さぶりけがを負わせたりした。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  沖縄は今も2週間前の首里城焼失の関連ニュースで持ち切りだが、東アジアは緊迫している。沖縄の将来にと…
  2.  沖縄21世紀ビジョンを総点検し、新たな沖縄振興計画に反映させる県振興審議会環境部会(宮城邦治部会長…
  3.  国際的な食品の商談会「沖縄大交易会2019」(主催・同実行委員会)が14日、宜野湾市の沖縄コンベン…

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

日付から記事を検索

2019年11月« 10月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  72年間で国内外の情勢は大きく変化したが、憲法は一言一句たりとも変わっていない。憲法とはそもそも頻…
ページ上部へ戻る