花と食のフェス大盛況 初の「花いけバトル」に熱視線

制限時間5分間で生け花の出来栄えを競う「花いけバトル沖縄」=26日、那覇市の奥武山公園

 県内の園芸作物の品質向上や生産振興、消費拡大を図る「おきなわ花と食のフェスティバル2019」(主催・同フェスティバル推進本部)が26、27日、那覇市の奥武山公園で開かれた。県内生産者団体や食品業者など182ブースが出展したほか、各種イベントが行われた。各団体の自慢の農林水産物や加工品を買い求めて多くの家族連れが訪れた。
 県立武道館ステージでは、制限時間5分で生け花の出来栄えを競う「花いけバトル沖縄」が開催された。花の生け手である「バトラー」がトーナメントを戦い、県内の花や葉物、枝ものを即興で生けた。集まった観客のジャッジで勝敗を決めた。優勝を果たした宜野湾市大謝名の「花ユキ」代表の奥浜由貴子さんは「ドキドキだった。いろいろな花材を使って楽しませてもらった」と喜びのコメントを述べた。

記事の続きを見る場合にはログインが必要です。会員登録は無料です。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  自民党の座波一県議が八重山、宮古両地方を視察中に新型コロナウイルスに感染したとして、玉城デニー知事…
  2.  幼児教育連携体制推進事業で、石垣市こども未来局子育て支援課は早ければ10月末から、市内の幼児教育施…
  3.  県赤十字血液センターの移動献血が石垣市で11月2日から始まる。例年と異なり、新型コロナウイルスの感…

日付から記事を検索

2020年10月« 9月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  約3万年前、ユーラシア大陸から台湾を経由し南西諸島に進出した人々は、どうやって海を渡り、遠い島々に…
ページ上部へ戻る