密輸防止に係る覚書締結 沖縄地区税関と日本関税協会沖

(左から)沖縄地区税関の吾住亨税関長、公益財団法人日本関税協会沖縄支部の安里昌利支部長、新垣大保税部会長=25日、ロワジールホテル那覇

 沖縄地区税関と公益財団法人日本関税協会沖縄支部保税部会は25日、密輸防止の協力関係を強化する覚書を締結した。輸出入貨物等の外国貨物の保管、管理に携わる同支部保存会との関係強化について、吾住亨沖縄地区税関長は、「大変有意義なことであり、今後のテロ関連物資や不正薬物等の密輸防止に効果を発揮するものと期待する」と述べた。
 近年の覚せい剤などの不正薬物や銃砲、金地金の密輸、また相次ぐ国際的なテロの発生などを受け、取り締まり強化が求められる。吾住税関長は、G20大阪サミットやラグビーW杯、オリンピック・パラリンピックの開催に触れ、「沖縄県も決して例外ではないと強く認識し、テロ関連物資等の国内流入阻止に盤石の体制を作ることは極めて重要と考えている」と強調した。

記事の続きを見る場合にはログインが必要です。会員登録は無料です。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  サッカーJ2のFC琉球(樋口靖洋監督)の選手27人とスタッフや関係者ら10人の計37人は22日午後…
  2.  竹富町などの離島から石垣島への急患搬送で、ヘリポートの位置をどうするかが議論になっている。  急…
  3.  離島から石垣島への急患搬送で使われるヘリポートの設置位置を巡り、第11管区海上保安本部石垣航空基地…

日付から記事を検索

2020年1月« 12月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  沖縄電力(本永浩之社長)と沖縄セルラー(湯淺英雄社長)は、新サービス「auでんき」に関する業務提携…
ページ上部へ戻る