密輸防止に係る覚書締結 沖縄地区税関と日本関税協会沖

(左から)沖縄地区税関の吾住亨税関長、公益財団法人日本関税協会沖縄支部の安里昌利支部長、新垣大保税部会長=25日、ロワジールホテル那覇

 沖縄地区税関と公益財団法人日本関税協会沖縄支部保税部会は25日、密輸防止の協力関係を強化する覚書を締結した。輸出入貨物等の外国貨物の保管、管理に携わる同支部保存会との関係強化について、吾住亨沖縄地区税関長は、「大変有意義なことであり、今後のテロ関連物資や不正薬物等の密輸防止に効果を発揮するものと期待する」と述べた。
 近年の覚せい剤などの不正薬物や銃砲、金地金の密輸、また相次ぐ国際的なテロの発生などを受け、取り締まり強化が求められる。吾住税関長は、G20大阪サミットやラグビーW杯、オリンピック・パラリンピックの開催に触れ、「沖縄県も決して例外ではないと強く認識し、テロ関連物資等の国内流入阻止に盤石の体制を作ることは極めて重要と考えている」と強調した。

記事の続きを見る場合にはログインが必要です。会員登録は無料です。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  石垣島で自然体験ツアーを行なっている21事業者から構成される団体「石垣島アウトフィッターユニオン」…
  2.  県は25日午後、県議の男性1人が新たに新型コロナウイルスに感染したと発表した。県議会事務局は同日、…
  3.  大浜中学校(島仲信秀校長、生徒418人)は25日、2020年度校内合唱コンクールを同校体育館で開催…

日付から記事を検索

2020年10月« 9月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  防衛省は23日、領空侵犯の恐れがある外国機に対し、航空自衛隊の戦闘機が昨年4~12月に緊急発進(ス…
ページ上部へ戻る