玉城知事が沖大で講義 県民投票、沖縄防衛を語る

講演する玉城デニー県知事=28日、沖縄大学

 玉城デニー知事は28日、沖縄大学で講演し、200人以上の学生の前で県民投票や沖縄防衛について語った。学生から2月24日に行われる県民投票の意義を問われると、法的な拘束力はないとしながらも、「パーセンテージにもよるが、明らかに大きな県民の投票結果がはっきりした時には、紛れもなく18歳以上の投票に関わった皆さんの意志だと主張できる」と述べた。
 玉城知事は県知事選で「(自分は)新基地建設反対の立場を明確に訴えて当選した」が、それに対して政府は「(知事選では)基地問題だけでなく、教育、福祉、医療など、地域ごとの様々な課題」も争点になっていたとして、政府が県知事選の結果を顧みなかったと説明。県民投票では争点を一つに絞り、「皆さんが意思表示できることが大切」と主張。「一票が皆さんの未来をつくる。この権利は絶対に大切にしてください」と、投票を呼び掛けた。

記事の続きを見る場合にはログインが必要です。会員登録は無料です。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  高良鉄美八重山後援会は20日午後6時半から、比例代表の社民党候補・仲村未央氏、共産党候補・島袋恵佑…
  2.  参院選は21日投開票される。沖縄選挙区は自民公認の前シンバホールディングス会長、安里繁信氏(49)…
  3.  2019年度博物館体験講座「民具・わらぞうり作り」が20日、八重山博物館(浅田浩館長)で開かれた。…

日付から記事を検索

2019年7月« 6月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  第一マリンサービス(熊坂俊彦代表取締役)は13日、那覇市と北谷町、恩納村、本部町を結ぶ高速船の運航…
ページ上部へ戻る