【視点】反対議員に敬意表する

 「辺野古米軍基地建設のための埋め立て」の賛否を問う県民投票条例が29日の県議会で改正され、選択肢が「どちらでもない」を加えた3択になった。自民県連は全会一致を目指したが、改正の内容に納得できないとして5人が反対に回った。この条例改正は、今回の県民投票に対する疑問に応える内容では到底ない。筋を通して反対した5人の議員に敬意を表したい。
 県民投票の実施を拒否した5市長の判断は、県民投票のさまざまな問題点を率直に指摘した妥当なものだった。しかし、県民投票の問題点を何一つ考慮することなく、基地反対派などによる「市民の投票権を奪うな」という一方的な批判だけが洪水のように高まった。
 自民県連は今年の衆院補選や参院選への影響を懸念。公明党の働き掛けもあり、苦渋の決断で3択案に同意した。5市長も自民県連の判断を追認する形で、県民投票を実施する方針に転換した。自民県連と5市長の完全な政治的敗北と言える。
 条例改正の採決に当たり、自民県連は党議拘束をかけなかった。しかし与野党の全会一致にするため、賛成や、最低でも退席が期待されていたはずだ。それは確かに波風を立てない方法だったが、5議員はあえて信念を貫き、県民投票の問題点を世に問うた。
 このうち座喜味一氏は「県民投票そのものが基地問題になじまない。尖閣諸島を含む南西諸島の立場からすると、単純な賛成反対で済まされる問題ではない」と指摘した。

固定ページ:

1

2

関連記事

ピックアップ記事

  1. 来年1月末まで予定されている政府の観光支援策「GO TОトラベル」の延長を求める声が八重山の観光事業…
  2. 自衛隊沖縄地方協力本部の石垣出張所(岡本知力羅所長)と宮古島出張所(永利誠実所長)が11月14~15…
  3. 12月1日の世界エイズデーにちなみ、八重山農林高等学校(山城聡校長)は2日、「性と生を考える」をテー…

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

日付から記事を検索

2020年12月« 11月
« 11月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  翁長雄志前知事が那覇市長時代に残した平成の負の遺産と言っていいだろう。那覇市が儒教の祖・孔子をまつ…
ページ上部へ戻る