西桟橋から南十字星がくっきり 「竹富島の夜は、魅力がいっぱい」

コンドイビーチの上に南十字星がくっきり。南十字星が沈むと天の川が昇り、海面に映りこんだ=9日早朝、西桟橋から(川口ひろしさん撮影)

 長野県在住の会社員、川口ひろしさん(51)が9日午前4時すぎ、竹富島の西桟橋で南十字星の撮影に成功した。川口さんによると「夜明け前、西桟橋に座るとちょうど雲もなく、コンドイビーチの上に南十字星がきれいに見えました。南十字星が沈んだ後に天の川が昇り、うっすらとベタ凪の海面に天の川が映りこみました。夢のような時間でした」と当時の状況を興奮ぎみに話した。
 竹富島が大好きで毎年長野県から写真を撮りに通っている川口さんは、自分のことを「まるでアサギマダラみたいでしょう」と笑う。「最終便後のゆったり感や民宿に泊まってのふれあいなど、竹富島の夜は、魅力にあふれている。開発によって島の宝が壊れないことを願っている」と話し、これからも島に泊まりたくなるような写真を撮り続けたいと願った。
      (隅田賢通信員)

関連記事

ピックアップ記事

  1.  少年少女柔道教室「みんなでじゅうどう」(主催・県柔道連盟八重山支部、後援・全日本柔道連盟)が16日…
  2.  新型コロナウイルスによる肺炎の感染者が県内でも確認され、高校入試を控える学校現場に緊張感が走ってい…
  3.  石垣島ビール㈱(塩谷篤代表取締役)が14日、「石垣島ライスビール・金波」を発売した。みやぎ米屋㈱(…

日付から記事を検索

2020年2月« 1月
« 1月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  沖縄は23日、太平洋戦争末期の沖縄戦で20万人超となった戦没者を追悼する「慰霊の日」を迎えた。県は…
ページ上部へ戻る