雪のプレゼントに興奮 海自が青森から運ぶ 那覇

児童らは雪の感触を楽しんだ=20日、那覇市宇栄原のはぐくみ児童クラブ

 那覇航空基地に所属する海上自衛隊第5航空群の所属部隊、第5整備補給隊(司令・石田良太一等階佐)は20日、那覇市宇栄原のはぐくみゆ児童クラブ(古堅宗介所長)を訪れ、児童らに雪をプレゼントした。雪は計120㎏で、青森県八戸航空基地所属の海自第2航空群から運んだ。
 園児らは雪だるまを作ったり、隊員がふるいを使って降らせた雪を頭からかぶったりして楽しんだ。
 初めて雪に触れた宇栄原小2年の大城瞬久さん(8)は「冷たくて気持ち良かった。友だちとお城を作って遊んで楽しかった」と興奮気味だった。
 児童全員に自衛隊のシールもプレゼンされた。同小2年の高良由莉さん(8)は「本当に雪が降ったみたいで楽しかった。シールももらえてうれしい」と笑顔を見せた。
 この企画は1995年から近隣の学校や施設等へ毎年行われており、今回で24回目。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  肺炎を引き起こす新型コロナウイルスの感染者が県内で初確認された。沖縄で今後、感染が拡大する可能性は…
  2.  石垣市自殺対策計画推進委員会(津嘉山航委員長)の初会合が17日、結い心センターで開かれ、事務局の市…
  3.  少年少女柔道教室「みんなでじゅうどう」(主催・県柔道連盟八重山支部、後援・全日本柔道連盟)が16日…

日付から記事を検索

2020年2月« 1月
« 1月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  与那国町、町商工会、琉球銀行、NTTドコモの四者は19日、県庁で記者会見し、町のキャッシュレス化を…
ページ上部へ戻る