【金波銀波】国の安全保障政策に対抗するため…

 国の安全保障政策に対抗するため、県が国との法廷闘争に突入するという異常な事態が2代の県政にわたって続くことになった。米軍普天間飛行場の辺野古移設問題で、県が国を提訴した◆移設反対派は「民意が踏みにじられれば、この国では民主主義が崩壊している証拠だ」と国を批判する。しかし他国は、むしろ地方が国の専権事項に介入するという日本の「お国柄」のほうに注目しているのではないか◆北方領土問題で日本政府と交渉中のロシア・プーチン大統領は辺野古を例に、米軍基地に対する日本の主権を疑問視。中国メディアは沖縄に記者を派遣、辺野古県民投票の結果を取材し「日本政府にとってプレッシャーになる」と報じた。辺野古を巡るゴタゴタが、日米安全保障体制への「付け入る隙」に見えているのは間違いないだろう◆提訴はいわば一線を超えた行為であり、玉城デニー県政が翁長雄志前県政と同様、政府との厳しい対立関係に陥るのは避けられない。時まさに、現行の沖縄振興計画が期限切れ直前のタイミング。経済界からは、政府と県の冷戦が沖縄振興に及ぼす悪影響を懸念する声も根強い。誰のために、何のための法廷闘争なのか。県の提訴が招き寄せるのは、県民にとっても国民にとっても、内憂外患だけだ。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  県立八重山病院は17日までに、同病院付属西表西部診療所の医師が急病で不在になったと明らかにした。当…
  2.  飲酒運転の犠牲者を一人でも減らそうと、2009年に県議会で制定されたのが県飲酒運転根絶条例だ。県民…
  3.  コスタ・クルーズ社のマリオ・ザネッティ氏は17日午後、県庁に富川盛武副知事を表敬訪問した。同社は1…

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

日付から記事を検索

2019年10月« 9月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  与那国町、町商工会、琉球銀行、NTTドコモの四者は19日、県庁で記者会見し、町のキャッシュレス化を…
ページ上部へ戻る