新博物館建設を要請 協議会が市教委に 収蔵庫も暫定で

新八重山博物館の建設を石垣教育長に要請する大田会長(中央)と山根副会長(右)=28日午後、石垣市教委

 石垣市立八重山博物館協議会の大田静男会長と山根頼子副会長が28日、石垣市教育委員会に石垣安志教育長を訪れ、老朽化が進む八重山博物館に代わる新博物館の建設推進を要望した。収蔵品を保管する倉庫が手狭になっていることから、暫定的に仮収蔵庫を建設することも求めた。
 要請書では、市議会3月定例会でも4人の市議が新博物館建設を求めたことを挙げ「年間を通し、島の魅力を全国に発信できるのは、新しい博物館の重要な役割の一つ」と訴えた。
 博物館の資料を適切に管理、保管するため、専門員を増員するよう要請した。

記事の続きを見る場合にはログインが必要です。会員登録は無料です。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 石垣市が昨年10月、尖閣諸島の字名を「登野城尖閣」に変更する前、中国駐福岡総領事館から市に対し、電話…
  2. 2021年度新川字会(金城文雄会長)の通常総会が17日午後、新川自治公民館で開かれ、新・旧役員のみが…
  3. いかなる文脈にあるかで、言葉の相貌は変わる。愛情を感じる人の「バカ」と憎悪を覚える人の「バカ」とでは…

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

日付から記事を検索

2021年1月« 12月
« 12月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  沖縄防衛局(田中利則局長)は3日、普天間飛行場代替施設建設事業の環境監視等委員会を那覇市内のホテル…
ページ上部へ戻る