22人が市庁舎を後に 激励式で花束受けとる 石垣市

石垣市役所の2018年度退職者辞令交付式が行われた=29日午前、市役所会議室

 石垣市役所の退職者辞令交付式が29日午前、市役所会議室で行われ、定年退職者20人、勧奨退職者2人の計22人が中山義隆市長からの辞令を受けた。交付式後の激励式では、退職者一人ひとりの経歴が紹介。退職者には部下や同僚らから花束が贈呈され、拍手と花道で見送られながら、庁舎を後にした。
 退職者を代表して宮良長克(ながよし)教育部長、宮良亜子(つぎこ)福祉部長、大得英信企画部長が激励式であいさつし、長年の公務員生活を振り返り、家族や同僚などへの感謝や、次の世代への助言を述べた。
 宮良福祉部長は「中山市長の教えの一つに『行政力を高めよう』がある。他部署と連携し2倍、3倍の業務効果をあげるようにということ。連携を作れるのは部・課長。後輩にはその力が備わっていると信じている」と次世代を激励。大得企画部長は「公僕」としてのあり方を強調し、「今後は穏やかに幸せに余生を過ごす」と笑顔で語り、宮良教育部長は「これからは伝統芸能の伝承を基に、古典音楽を主とした生涯学習などに携わりたい」と新たなステージへの意気込みを語った。
 中山市長は退職者を祝福し、「皆さんが採用された昭和50年代、60年代は本土に追い付き、追い越せの時代。大変な苦労があったと思う。勤務の中で培った経験などを、今後も機会を見て後輩たちに伝えてほしい」と呼び掛けた。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  肺炎を引き起こす新型コロナウイルスの感染者が県内で初確認された。沖縄で今後、感染が拡大する可能性は…
  2.  石垣市自殺対策計画推進委員会(津嘉山航委員長)の初会合が17日、結い心センターで開かれ、事務局の市…
  3.  少年少女柔道教室「みんなでじゅうどう」(主催・県柔道連盟八重山支部、後援・全日本柔道連盟)が16日…

日付から記事を検索

2020年2月« 1月
« 1月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  儒教の祖・孔子をまつる「孔子廟(びょう)」のため、那覇市が松山公園内の土地を無償で提供していること…
ページ上部へ戻る