【金波銀波】新元号「令和」の…

 新元号「令和」の出典として注目を浴びる日本最古の歌集「万葉集」に、山上憶良(やまのうえのおくら)の有名な歌がある。「銀(しろがね)も金(くがね)も玉も何せむに優れる宝子にしかめやも」。金銀財宝など何になろう。子どもに勝る宝はない、と訴える◆急速に少子化が進む現代日本で、古代人の叫びが、むしろ切実なリアリティをもって迫ってくる。厚生労働省によると、一人の女性が一生に産む子どもの数(合計特殊出生率)は2017年で1・43。このまま推移すると、日本の人口はいずれ半減することを意味する◆人口減少は、福祉、安全保障、経済など、国民生活のあらゆる場面に影響する。国の活力が失われれば、生活レベルが大きく低下することになり、国民は人口の多い米国や中国に全面的に依存して暮らすほかなくなる。名実ともに「属国化」ということになろう◆目の前で無邪気に遊ぶ子どもたち一人ひとりに、文字通り「日本の将来が託されている」と思うと胸が熱くなる。千年以上前の先人から言い伝えられていることなのだから、間違いなく真実なのである◆人口減少以外にも、子どもの貧困、学力不振、待機児童など、子どもを取り巻く問題は枚挙にいとまがない。「令和」時代の日本人に課せられた重い宿題だ。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  VERA(ベラ)石垣島観測局の存続を求める八重高生の有志7人のグループ「ベラジニア」と、高校生をバ…
  2.  石垣市立平真小学校創立130周年記念式典(主催・同校創立130周年記念事業期成会)が22日午後、同…
  3.  さまざまな分野の有識者たちが島嶼地域の課題解決をする場「アイランダーサミット石垣2020」(主催・…

日付から記事を検索

2020年11月« 10月
« 10月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  県は、県民の離島へのモニターツアー費用を6割補助する事業「島あっちぃ」を実施する。離島の交流促進と…
ページ上部へ戻る