本マグロ漁スタート 初日水揚げ 132㌔の巨漢

132㌔の本マグロが水揚げされた=5日午前、八重山漁協

 八重山の本マグロ(クロマグロ)漁が5日スタートした。今季から漁獲枠が設定され、本マグロ漁は沖縄では120㌧の枠内での漁獲に制限されている。午前11時、石垣市新栄町の新栄漁港岸壁に132㌔の本マグロが初めて水揚げされた。
 多くの漁業関係者や市民が岸壁に集まり「海のダイヤ」と称される巨漢の本マグロを記念撮影して盛り上がった。本マグロは梱包されたあと、東京都の豊洲に送られていった。
 水揚げしたのは、あずさ丸船長の金城真琴さん(45)。集魚灯による漁の最中にかかったという。
 現在、本マグロ漁は漁獲制限に揺れている。昨年7月から日本国内で、これまでなかった小規模で運用する船の本マグロの漁獲制限がスタートしたが、八重山の本マグロ漁は4月から6月で終わるため、昨年はまだ制限対象にはならなかった。
 しかし、今季の八重山のホンマグロ漁からは漁獲制限がかかり、県内全体で120㌧までの枠を越えた場合、海に返さなければならない。全県の漁業者は実質、本マグロの水揚げが制限量達する前に、どれだけ獲れるかが焦点となる。
 「これでは4月中に漁獲枠に達して、本マグロ漁は終わってしまう。沖縄の零細漁業者は厳しい」と危惧する漁業者もいる。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  菅義偉官房長官は29日に来県し、新型コロナウイルス感染症の影響で落ち込む観光需要を把握するため、那…
  2.  災害時の福祉避難所と市民などの交流施設とを兼ね備えた「結い心(くくる)センター」の開所から半年が経…
  3.  石垣市役所の課長以上の管理職に占める女性職員の比率は2019年度で10.0%で2年連続で下がったこ…

日付から記事を検索

2020年3月« 2月
« 2月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  儒教の祖・孔子をまつる「孔子廟(びょう)」のため、那覇市が松山公園内の土地を無償で提供していること…
ページ上部へ戻る