泡盛の普及促進を 女王OGに委嘱状

委嘱を受けた泡盛の女王OGら。特注のハッピを着て記念撮影した=8日、市町村自治会館

 沖縄国税事務所(脇本利紀所長)は8日、泡盛の良さをPRし普及促進施策を支援する「泡盛クイーンズサポーター」の委嘱状交付式を開き、歴代の「泡盛の女王」ら12人が委嘱を受けた。
 委嘱期間は4月1日から約1年間で、サポーターらは国や沖縄国税事務所、県酒造組合などが行う会議やイベント、意見交換会などに参加する予定。
 脇本所長は「若者や女性目線で将来の泡盛業界の発展のため、今後取り組みたい企画などを積極的に提案してほしい」と期待した。
 委嘱状交付後は、国税事務所や酒造組合の関係者らも参加した意見交換会が開催された。県内のスポーツイベント会場で泡盛が販売されていないことを問題視する意見や、ビールの売り子が野球場で販売するように、泡盛も客席を回って売るようにすべきなどの提案があった。
 サポーターらは過去に泡盛の女王を経験し、現在は企業に勤めたり、イベントで司会、ラジオ番組を持ったりと活躍している人もいる。企業の中間管理職になっているというサポーターは、自身の後輩である若手社員らが飲み会に参加しないこともあると指摘。「個人の努力で泡盛の魅力を紹介している」と説明した。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  石垣市の中山義隆市長は17日の市議会一般質問で、尖閣諸島に灯台や無線中継施設などを整備することに関…
  2.  石垣市の中山義隆市長は17日の市議会一般質問で、2009年に自治基本条例が制定された経緯に関し「議…
  3.  竹富町は小浜島の町指定天然記念物「コーキ原のガジュマル群落」に遊歩道を整備する。来島者が立ち入りし…

日付から記事を検索

2020年9月« 8月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  「考えましょう 私たちの安全を 拉致問題を考える石垣の集い」(主催・特定失踪者問題調査会)が30日…
ページ上部へ戻る