【金波銀波】新石垣空港開港後…

 新石垣空港開港後、石垣市が抱える久々の大型プロジェクトが2件ある。まず新庁舎建設。「市のシンボル」とされる建物が構想され、地元企業の熱い視線を集めたが、予想外の入札不調が続いた◆市が提示する予定価格と、業者側の見積もりが合わないことが最大の要因と言われている。人手不足による人件費の上昇などを背景に、市内の建築単価はうなぎのぼり。だが民間とは異なり、行政は議会で決めた予算の厳守が求められる。予定価格を柔軟には上げられない。そこで、どうしても折り合いがつかなくなるようだ◆最終的には島外の業者も含めたJV(共同企業体)との随意契約で調整が進んでいるようだが、何とか島内の業者が潤う形で決着してほしい◆もう一つの注目案件は、防衛省が進める駐屯地建設工事だ。こちらも再三、建設業界が地元優先発注を要請してきた。国防の事業ではあるが、地元としては当然、経済効果にも大きな期待を寄せている。現在は用地造成工事が進むが、今後は施設の建設が始まる◆沖縄の経済構造は大きく転換しつつあるが、今も昔も公共工事が地域振興に与えるインパクトは大きい。せっかくの大きな予算が島外に流れてしまうことを極力防ぎ、お金を島で循環させる仕組みを確立したい。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  沖縄県、県保健者協議会、県医師会は17日、40歳~74歳の特定検診の受診促進に向けた啓蒙活動(キャ…
  2.  肺炎を引き起こす新型コロナウイルスの感染者が県内で初確認された。沖縄で今後、感染が拡大する可能性は…
  3.  石垣市自殺対策計画推進委員会(津嘉山航委員長)の初会合が17日、結い心センターで開かれ、事務局の市…

日付から記事を検索

2020年2月« 1月
« 1月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  千葉市に住む50代の日本人男性と約25年間同居している40代の台湾人男性に対する国外退去処分を法務…
ページ上部へ戻る