米F15墜落は操縦ミス 昨年6月、沖縄沖で発生

 米軍嘉手納基地(嘉手納町など)所属のF15戦闘機が昨年6月、沖縄県沖に墜落した事故で、米側はパイロットの操縦ミスで機体や整備に問題はなかったとの調査結果をまとめた。情報提供を受けた防衛省と外務省が24日、公表した。
 事故は昨年6月11日午前6時25分ごろ、米空軍のF15が嘉手納基地の南約130㌔の海上で墜落。米軍のパイロット1人が緊急脱出し、重傷を負った。
 米側の調査結果によると、F22戦闘機と操縦訓練をしていたパイロットが、機体の高度や姿勢を把握できなくなる空間識失調に陥り、誤った操作を続けた。機体は急速に下降し、制御できなくなったパイロットは緊急脱出した。
 整備記録や機体の航跡、整備士、パイロットへの聞き取りなどで機体の誤作動がなかったことを確認したとして、「パイロットのミスによるもので機械的欠陥や航空機の整備に起因するものではなかった」とまとめた。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  石垣市議会(平良秀之議長)9月定例会の最終本会議が18日開かれ、尖閣諸島での上陸調査活動と施設整備…
  2.  石垣市議会は18日の最終本会議で、市当局が提案した農業委員19人の人事案件を無記名投票で採決し、5…
  3.  石垣市都市建設課は今月5日、伊原間の玉取崎展望台に観光で家族とともに訪れた3歳男児が擬木園路から誤…

日付から記事を検索

2020年9月« 8月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  宮腰光寛沖縄担当相は14日の記者会見で、沖縄都市モノレール株式会社が2022年度までにゆいレールの…
ページ上部へ戻る