「飛び出す星」に興奮 GWも石垣島天文台で上映

迫力ある土星を眺めることができる4D2Uの映像=29日、石垣島天文台

 「八重山は日本一多くの星と出会える場所」とPRしている石垣島天文台は大型連休初日の27日から、同施設で特別企画として最新の3Dメガネを着用して四次元デジタル宇宙「4D2U」の上映と天体観望会を開催している。
 4D2Uシアターは通常1日1回のところ期間中は2回開催する。八重山から見える星空で午後8時から朝方まで時間を追って東西南北に見える星座の説明や、南十字星の見つけ方などを紹介。地球を俯瞰(ふかん)するように太陽系、銀河系など惑星にクローズアップしたり詳しい説明を交えながら、飛び出しているかのようなVR(バーチャルリアリティ)の迫力に魅了される。
 29日は、来場者が迫ってくる星や立体に見える惑星を見て手を伸ばしたりし「すごいすごい」と叫ぶ声が上がった。
 来場者は地元の親子連れのほか、国内外の観光客も多い。親子で参加した小学2年の仲山結夏さん(7)は「土星がかわいくて星がきれいだった」と笑顔を見せた。
 石垣島天文台を運営する八重山星の会の通事安夫代表理事は「普段から4D2Uの上映や学校単位で観望会を催したりしているので天体に興味を持って参加してほしい」と呼び掛ける。
 連休中は6日まで4D2Uを午後1時と3時半から上映。夜は天体観望会を午後8時からと9時から行う。定員30人で入場無料。要予約。
 問い合わせは℡0980・88・0013。受け付け時間は、午前10時から午後5時まで。GW中の30日、1日は休館日。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  政府の特別定額給付金10万円のオンライン申請をスマホで挑戦した。評判通り手順が煩雑で行き詰まること…
  2.  〈大変な時に収集ありがとう〉。新型コロナウイルス感染拡大を受け、石垣市の家庭から出される一般ごみの…
  3.  政府が国民1人10万円を給付する特別定額給付金の申請受け付けが石垣市で本格化している。今週に入り、…

日付から記事を検索

2020年6月« 5月
« 5月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  玉城デニー知事は6日、日韓関係の悪化を受け、経済や文化交流面での損失に懸念を示した上で「手に手を取…
ページ上部へ戻る