国境と国民守り3年 南平司令に聞く 陸自与那国駐屯地

4年目を迎えた陸上自衛隊与那国駐屯地=1日午後、同所

 島内2カ所の駐在所で勤務する2人の警察官の拳銃だけが島を守る武器だったという与那国島に2016年3月、陸上自衛隊の沿岸監視隊が配備された。
 南西諸島の防衛強化のみならず、駐屯地の所属隊員とその家族、約250人が来島したことによる経済効果や、隊員らによる地域へのボランティア活動など、さまざまな恩恵が島にもたらされてきた。
 激動する国際情勢、厳しい安全保障環境の中、事態発生時の迅速な対応と継続的な活動が可能な体制を備え、地域住民と交流しながら国境を守り続けた与那国駐屯地の創立意義や4年目の抱負などを、18年4月から二代目駐屯地司令に就任した南平勇将(みなみひら・ゆうすけ)2等陸佐に聞いた。(里永雄一朗)

ページ:

1

2

関連記事

ピックアップ記事

  1.  石垣市議会の「平得大俣地域への陸上自衛隊駐屯地配備に関する特別委員会」(長山家康委員長、10人)が…
  2.  県は27日夜、危機管理体制本部会議(本部長・玉城デニー知事)で肺炎を引き起こす新型コロナウイルス感…
  3.  新型コロナウイルス(COVID19)の感染拡大に伴い、学校行事の規模縮小や時間短縮などを求めた25…

日付から記事を検索

2020年2月« 1月
« 1月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  名護市民の我那覇真子氏ら県民有志は15日、米国人歴史学者のジェイソン・モーガン麗澤大学助教を沖縄に…
ページ上部へ戻る