ミンサーの希少性語る アートホテルでイベント

ミンサー織りの魅力と希少性を語ったトークイベントが開かれた=4日、アートホテル石垣島

 アートホテル石垣島(佐藤智博総支配人)と一般財団法人きものの森(矢嶋孝敏理事長)共催のトークイベント「みんさーの夜明け~モノづくり、ひと(風土)・わざ(技術)・うむい(心)」が4日、同ホテルで開かれ、関係者がミンサー織りの魅力と希少性を語った。
 ゲストは白保織工房代表の松竹喜生子氏、竹富町織物事業協同組合理事長の島仲由美子氏、きものの森理事長の矢嶋氏の3氏。
 島仲氏は、竹富町内の織り手メンバーの半数が本土出身者であることや、日頃の活動を報告。松竹氏は「(ミンサー織りの)伝統が島にあることで仕事としてやっていける。伝統を背負って仕事としてやっていけることは幸せ」と思いを語った。
 矢嶋氏は▽天然染料▽手織り▽国産―の3つのキーワードを挙げ、ミンサー織りの希少性を説明。「(沖縄では)植物の生命力を感じる。沖縄でしか天然染料の産業は残らないだろう」と分析した。
 同ホテルでは4月28日から「みんさーの夜明け展」を実施。200本のミンサー帯を展示している。12日まで。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  日本最西端の与那国町は、地理的に近い台湾への高速船就航を目指した社会実験を来年実施する予定で、準備…
  2.  恩納村教育委員会の教科研究指定校である村立安富祖小学校(荻堂哲校長)は2日、他校の教員らを招き公開…
  3.  自衛隊沖縄地方協力本部石垣出張所(岡本知力羅所長)はこのほど、自衛隊の災害対処のノウハウを提供し、…

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

日付から記事を検索

2020年12月« 11月
« 11月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  「Tell us night(テルアスナイト)―気になる4人の思いと本音が聞ける夜―」(主催・㈱エ…
ページ上部へ戻る