ゴーヤ収量 70㌧超へ 「夏バテ防止に最高」 ゆらてぃく市場

「ゴーヤーの日」に合わせ、ゴーヤ1本が58円で販売された=8日、ゆらてぃく市場

 5月8日の「ゴーヤーの日」に合わせ8日、JAファーマーズマーケットゆらてぃく市場が同店舗で「ゴーヤーの日」イベントを開催した。今季のゴーヤ収量は、当初計画の70㌧を上回る見込みとなっている。セレモニーでは関係者が「ゴーヤーは夏バテ防止に最高」など魅力をPRした。
 イベントでは八重山調理師会(川平展史会長)のメンバーがゴーヤを使った創作料理の試食会を実施。6会員の10品、約1000食が振る舞われた。八重山農林高校の生徒はゴーヤ苗600鉢を準備。無料配布を行った。
 セレモニーで生産者会の黒島良雄会長は「ゴーヤは沖縄を代表する島野菜。夏バテ防止には最高だ。暑い夏はゴーヤを食べて乗り切ってほしい」とあいさつした。ゴーヤー生産部会の根間幸善会長は「部会は設立6年目。安定生産に取り組んでいる。愛情込めて育てたゴーヤは今が旬」と述べた。JAおきなわ八重山地区本部の山城隆則本部長のあいさつもあった。
 店舗内では旬のゴーヤ約千本を58円で販売。一度に20本ものゴーヤを買い込む客もみられた。
 営農振興センターの石垣信治センター長によると昨季の収量は50㌧で、今季は70㌧を超える見込み。ゴーヤの木が丈夫であることや、農家の技術向上が図られた結果とみている。
 ゴーヤー生産部会は44農家で構成され、作付面積は3万9600平方㍍。3月末から収穫の最盛期を迎えている。収穫は8月まで続く見通し。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  石垣市の陸上自衛隊配備を巡る住民投票訴訟控訴審で、福岡高裁那覇支部は20日、判決を3月23日に言い…
  2.  第十一管区海上保安本部によると、尖閣諸島(石垣市登野城尖閣)周辺の領海外側にある接続水域では20日…
  3.  大本小学校(金城一石校長)の全校児童8人は20日朝、「野鳥をひかないで」と書かれたメッセージボード…

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

日付から記事を検索

2021年1月« 12月
« 12月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  経世論研究所の三橋貴明所長が6月30日、宜野湾マリン支援センターで講演した。「消費税は欠陥税制で、…
ページ上部へ戻る