仲間市議きょう尖閣出漁 中国船、41日連続航行

尖閣諸島周辺をパトロールする海上保安庁の巡視船(2017年9月)=仲間市議提供

 「尖閣諸島を守る会」代表世話人の仲間均石垣市議は23日早朝、尖閣海域で漁をするため、石垣港から漁船「高洲丸」で出港する。仲間氏が22日、八重山日報の取材に明らかにした。当初は4月に出漁する予定だったが、高洲丸のエンジントラブルのため先送りしていた。
 第11管区海上保安本部によると、尖閣諸島周辺の領海外側にある接続水域では22日、中国海警局の船4隻が41日連続で航行している。仲間氏は、中国公船が尖閣海域に常駐している現状も視察する。

記事の続きを見る場合にはログインが必要です。会員登録は無料です。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  竹富町議会(新田長男議長)12月定例会では一般質問最終日の12日、上盛政秀、仲里俊一、那根操の3氏…
  2.  宮良小学校(仲間一史校長、全校児童133人)で、児童による無言清掃の試みが7月からスタート。毎日、…
  3.  石垣島製糖㈱(松林豊代表取締役社長)は12日、構内で2019/2020年期の製糖開始式を開いた。製…

日付から記事を検索

2019年12月« 11月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  離島ターミナル内の平田観光のカウンター付近にこのほど、YAMANEKO530ART PROGECT…
ページ上部へ戻る