【視点】中国の暴力体質 尖閣で歴然と

 中国共産党・政府の暴力的な体質を、世界にまざまざと示した事件だった。
 中国当局が学生らの民主化運動を武力弾圧した1989年の天安門事件から4日で30年。世界第2位の経済力をつけ、アジアの「超大国」と化した現在でも、中国政府は事件を正当化し、国内では厳しい情報統制を敷く。その体質は対外政策にも如実に表れ、南シナ海や尖閣諸島周辺では近隣諸国との摩擦が拡大している。
 沖縄県民は、中国の歴然たる暴力体質を尖閣諸島周辺で間近に見ることができる。中国の拡張路線は共産党政権が変わらない限り続く可能性が大きく、中国の民主化が実現するかどうかは、脅威の最前線に立たされる県民にも他人事ではない。
 中国の魏鳳和(ぎ・ほうわ)国務委員兼国防相は2日、シンガポールで開かれたアジア安全保障会議で演説し、台湾が独立を図れば「一戦交えることも辞さない」と表明、南シナ海で中国が島しょに建設している「防衛施設」は自衛目的だと述べ、軍事拠点化を正当化した。天安門事件について、当局は「果断な措置」を取って社会の安定を保ったと主張した。
 経済発展で得た「超大国」としての力を、他国を威嚇し、自国の意思に従わせる手段に使う。国内の民主化要求は一顧だにしない。魏氏の発言から、中国のそんな「今」の姿が見えてくる。

ページ:

1

2

関連記事

ピックアップ記事

  1.  県立八重山病院は17日までに、同病院付属西表西部診療所の医師が急病で不在になったと明らかにした。当…
  2.  飲酒運転の犠牲者を一人でも減らそうと、2009年に県議会で制定されたのが県飲酒運転根絶条例だ。県民…
  3.  コスタ・クルーズ社のマリオ・ザネッティ氏は17日午後、県庁に富川盛武副知事を表敬訪問した。同社は1…

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

日付から記事を検索

2019年10月« 9月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  スポーツマネジメント会社BASE(東京、北川智哉社長)は18日、沖縄県庁で記者会見し、沖縄初のプロ…
ページ上部へ戻る