沖縄戦の記憶「語り継ぐ」 旧海軍司令部壕で慰霊祭 

遺族として献花した大田豊氏(手前)。この後、参列した遺族や市長ら関係者も献花した=13日、旧海軍司令部壕

 太平洋戦争末期の沖縄戦で、住民への配慮を求める電文を中央へ送った日本海軍の大田実司令官ら幹部が自決してから74年となった13日、豊見城市の旧司令部壕で慰霊祭が営まれた。県内外の遺族ら約150人が黙とうし、花を手向けて不戦を誓った。
 大田司令官は1945年6月6日、米軍の猛攻下で海軍次官へ「沖縄県民斯かク戦ヘリ 県民ニ対シ後世特別ノ御高配ヲ賜(たまわ)ランコトヲ」と打電。同13日、司令部壕で将校らと命を絶った。
 慰霊祭では、近くの宇栄原小学校6年生の児童が「命と平和への強い願い、決して忘れてはいけない。語り継がねばならない」と詩を朗読した。
 大田司令官の四男で横浜市在住の大田豊さん(74)は、孫やひ孫と共に参列。「父に会ったことはないが、沖縄の人たちの真摯(しんし)な態度に感動して電文を打ったのではないか。平和が続くよう努めなければいけない」と思いをはせた。
 参列者が献花し、焼香した。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  石垣市が尖閣諸島の字名を「登野城」から「登野城尖閣」に変更する議案を市議会に提案する。八重山日報は…
  2.  任期満了に伴う県議選(定数48)が7日に投票、即日開票される。米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市…
  3.  日本酒、焼酎、泡盛などの「國酒」を製造する全国有志の蔵元が新型コロナウィルスの終息を祈念し、北海道…

日付から記事を検索

2020年6月« 5月
« 5月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  与那国町、町商工会、琉球銀行、NTTドコモの四者は19日、県庁で記者会見し、町のキャッシュレス化を…
ページ上部へ戻る