身近な自然から再発見 22人が紙すき体験 県民カレッジ講座

カジノキの皮をはぐ「皮はぎ」の様子=14日午前、石垣青少年の家

 「2019年度おきなわ県民カレッジ広域学習サービス講座」(主催・沖縄県教育委員会)が14日開講し、開講式と「やいま 再発見‼」をテーマとした第1回講座「カジノキで紙すきを体験しよう アダン筆づくり」が石垣青少年の家で行われた。受講生22人は八重山の紙すきで元来使われてきたカジノキを原料に和紙作りの工程を体験しつつ、アダンの筆作りも行なった。
 本年度は10月までの全4回で、▽紙すき体験とアダン筆作り▽民謡のふる里めぐり▽安良村探訪▽薬膳料理作り―を実施。同講座を主管する八重山教育事務所の宮良永秀所長は「身近な八重山の自然・文化・歴史を、楽しみながら学んでほしい」と話した。
 この日の講師は八重山博物館学芸員の寄川和彦さん。カジノキの皮をはぐ「皮はぎ」に始まり、皮を煮る「煮熟(しゃじゅく)」から「紙すき」などの工程を指導した。完成した和紙は講座の修了証として使われる。
 寄川さんは「伝統的な手法を通して、自然のものが姿を変える過程を体験してほしい。自然に対する見方が変わるはず」と期待した。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  SDGs目標の一つ「海の豊かさを守ろう」にコミットして活動する「Blue14(ブルーフォーティーン…
  2.  石垣市商工会青年部(吉田大介部長)は10月31日、国立天文台水沢VLBI観測所の本間希樹所長による…
  3.  第46回県畜産共進会(主催・同協議会)の結果が10月30日発表され、肉牛の部で石垣市の農業生産法人…

日付から記事を検索

2020年11月« 10月
« 10月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  中国の海上警備を担う中国海警局が、石垣市の尖閣諸島周辺の日本領海に公船「海警」を侵入させる頻度を増…
ページ上部へ戻る