友寄(二中)が県大会V テニス競技 来月の九州大会出場へ

中体連テニス競技大会で優勝した友寄愛加理=27日、石垣市中央運動公園テニスコート

 第19回県中学校テニス競技大会(主催・県中体連)が27日から3日間、県総合運動公園テニスコートで開かれ、八重山から出場した石垣第二中3年の友寄愛加理(14)が優勝した。友寄は8月5日から長崎県で開かれる九州大会に県代表として出場する。
 県大会では2回戦からの出場となり、初戦を6―0、3回戦を6―2、準々決勝を7―5、準決勝を6―1で取った。
 決勝は琉大付属2年の新城英万と対戦した。過去には全勝している相手だが「常に接戦となる」という強敵。タイブレークの末、7―6で競り勝った。
 友寄は「ラリーを粘り強く続けることができた。中体連で最後の大会だったので、絶対に勝ちたいと思って臨んだ」と振り返った。
 中体連では新人大会以来の優勝。過去、九州大会での最高成績は6位だが「ベスト4に入って全国大会に出場したい」と意気込んだ。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  少年時代の戦争体験を自筆の絵などで紹介した著書「絵が語る八重山の戦争」を出版した石垣市の潮平正道さ…
  2.  県は21日、石垣市で、かりゆし病院の入院患者1人、職員2人、関連施設の介護老人保健施設「聖紫花の杜…
  3.  県は21日、新型コロナウイルスに感染して県立八重山病院に入院した陽性者が21人になり、県の病床確保…

日付から記事を検索

2020年10月« 9月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  県と糸満市、トルコ視覚障がい者スポーツ協会は22日、県庁で2020年開催の東京オリンピック・パラリ…
ページ上部へ戻る