730記念碑を塗り替え 宮良さん、交通事故防止願い

730記念碑のペンキを塗り替える宮良さんの孫たち=30日午後、730交差点

 石垣市の730交差点にある730記念碑をデザインした元県警職員の宮良栄重さん(74)=宮良=と小中学生の孫ら6人が30日、記念碑のペンキ塗り替えと清掃を行った。宮良さんは「交通事故防止につながれば」と期待した。
 碑は沖縄の日本復帰に伴い、車の通行が右側から左側に変わった7月30日を記念して設置された。宮良さんは画家としても活動しており、県美術家連盟の会員でもある。
 宮良さんは、10数年前から毎年7月30日に、剥げかかったペンキの塗り替えをボランティアで行っている。この日は西石垣勇星君(石垣小6年)らの孫にハケを持たせ、碑の上部と下部にあるデザインや文字を丹念に塗り直した。
 通りすがりの観光客たちの中には、作業の様子にカメラを向ける人もいた。  

関連記事

ピックアップ記事

  1.  中国海警局の船が尖閣諸島周辺海域に侵入し、与那国町漁協所属の漁船を追尾した問題で、県東京事務所の上…
  2.  任期満了に伴う沖縄県議選が29日告示される。石垣市区(定数2)では、ともに2期目を目指す与党の無所…
  3.  石垣市観光交流協会は新型コロナウイルス感染防止策を観光業の業種別にまとめたガイドラインを策定した。…

日付から記事を検索

2020年5月« 4月
« 4月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  約3万年前、ユーラシア大陸から台湾を経由し南西諸島に進出した人々は、どうやって海を渡り、遠い島々に…
ページ上部へ戻る