代表に青木JTA社長 世界遺産、共同企業体が総会

初総会では、JTAの青木社長(写真中央)が企業体の代表に選出された=7月31日、日本郵便沖縄支社

 西表島、本島北部地域の世界自然遺産登録の推進を目指す「世界自然遺産推進共同企業体」の第1回総会が7月31日、那覇市内で開かれ、代表に日本トランスオーシャン航空(JTA)の青木紀将社長が選出された。
 共同企業体は5月21日に発足。事業計画には環境保全のための清掃活動や、県が行う密漁・密輸対策などへの協力を盛り込んだ。
 世界遺産登録後も自然環境の保護を目的に、活動を継続する。基金を創設し、若手研究者への研究資金として活用する。
 共同企業体の理念として「自然や文化の価値を守るため、地域社会とともに前進する」「企業体活動を通じて新たな社会的価値を創造し、発信する」「普遍的価値を次世代に継承する責任を自覚し、持続可能な社会づくりを推進する」と明記した。
 青木代表は、世界自然遺産の登録や評価を行う国際自然保護連合(IUCN)の視察が9月以降に予定されていることに触れ「企業体が一致団結し、地域活動と一体化した姿勢を示すことは、来年夏の登録に向けて役立つ。アピールするため、我々の結束が不可欠」と呼び掛けた。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  夏の全国高等学校野球選手権沖縄大会に代わる独自の県大会公式戦「2020県高校野球夏季大会」(主催・…
  2.  本格的な夏を迎えて熱中症対策用品が石垣市のスーパーやホームセンターの売り場を賑わせている。空調服や…
  3.  政府と県の対立が膠(こう)着状態に陥っている米軍普天間飛行場の辺野古移設問題を打開するため、中谷元…

日付から記事を検索

2020年7月« 6月
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  24日投開票された「辺野古米軍基地建設のための埋め立て」の賛否を問う県民投票は埋め立て反対が多数を…
ページ上部へ戻る