来年1月26日に石垣島マラソン 参加者1万人目指す

総会には市関係者だけでなく、経済関係者も参加した=7日夕、石垣市役所

 第18回石垣島マラソン実行委員会(委員長:川満誠一副市長)の総会が7日夕、市役所で開かれた。昨年に開催された第17回大会の収支決算案と監査報告、第18回大会の事業計画案や収支予算案、大会役員案などが審議され、全会一致で承認された。第18回大会は来年1月26日に開催される。
 第17回大会の収支決算案では、収入決算額が約3050万円で、支出決算額は約2878万円となり、差額約175万円は第18回大会に繰り越された。
 第18回大会の事業計画案では、フルマラソン一般の部の参加費が1000円値上がりし、6000円に変更された。参加申し込みは10月1日から11月15日まで。収支予算案では、収入・支出共に約3240万円となった。前回大会と比較し、備品の購入などで事務費が100万円値上げし、200万円となった。
 大会役員として、中山義隆市長が大会長を務める。副会長を川満氏、石垣安志教育長、市体育協会の宮良昌招会長が務める。
 中山氏は「令和最初の大会だ。盛り上げていきたい。(マラソン大会は)八重山の観光においても大きな位置づけになる」と指摘し、1万人の参加者を目指したいと意欲を見せた。 

関連記事

ピックアップ記事

  1.  石垣市は、市民税非課税世帯の75歳以上で、交通手段を持たない市民に対し、タクシー運賃の初乗り分47…
  2.  県内の新型コロナウイルス新規感染者数は高止まりを続けており、石垣市でもじわじわと拡大傾向が続いてい…
  3.  沖縄戦の悲惨さや歴史的教訓を後世に語り継ぐ「語り部(かたりべ)」に贈られる感謝状表彰伝達式が28日…

日付から記事を検索

2020年10月« 9月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  翁長雄志前知事が那覇市長時代に残した平成の負の遺産と言っていいだろう。那覇市が儒教の祖・孔子をまつ…
ページ上部へ戻る