米兵がおぼれた少年救助 救命士のスキル生かす 北谷町

感謝の意を伝えるニライ消防本部の金城俊昭消防長(左)と救助に携わったロジャー・ハリー1等空曹=7月31日、嘉手納基地

 ニライ消防本部の金城俊昭消防長は7月31日、嘉手納基地を訪れ、北谷町のアラハビーチで溺れていた香港籍の少年(4)を救助したロジャー・ハリー1等空曹(35)に謝意を伝えた。
 今年6月に嘉手納基地に着任したハリーさんは。7月26日夕、家族7人でアラハビーチを訪れていたところ、ビーチで溺れた少年が、呼吸が止まった状態で手当てを受けているところに遭遇した。
 救命士の資格を持つハリーさんは、AEDの装着、心臓マッサージ、肺に酸素を送り込む装置の準備などを行い、救助に加わった。少年は、懸命な処置の甲斐もあって息を吹き返し、一命を取りとめた。ハリーさんはニライ消防本部の救急車が到着するまで救命措置を続けた。
 当時の状況について「13年消防に携わり、自分の持つスキルを使って助けられないか考えた。こうした場面に出くわすのは初めてだが、落ち着いて行動に移すことができた」と振り返り「自分にも年が近い子どもがいる。冷静に救助を続けて息を吹き返した時は、希望をもらった気がした」と笑顔を見せた。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  SDGs目標の一つ「海の豊かさを守ろう」にコミットして活動する「Blue14(ブルーフォーティーン…
  2.  石垣市商工会青年部(吉田大介部長)は10月31日、国立天文台水沢VLBI観測所の本間希樹所長による…
  3.  第46回県畜産共進会(主催・同協議会)の結果が10月30日発表され、肉牛の部で石垣市の農業生産法人…

日付から記事を検索

2020年11月« 10月
« 10月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1. 「中国公船を挑発しないでください」―。海上保安庁の巡視船から、拡声器を持った海上保安官が必死に呼び…
ページ上部へ戻る