【金波銀波】香港で活発化している…

 香港で活発化している中国への抗議デモは、中国本土ではどのように報じられているのか。国営テレビのニュース番組でアナウンサーは、デモ隊が過激化し、違法行為に及んでいると批判。中国政府の方針に沿い、デモ隊を「暴徒」と決めつける。デモで交通渋滞が起き、市民生活にも悪影響が出ているとして、デモ隊を非難する市民のインタビューを放送◆政府、メディアが共同でデモへの圧力を強める中国社会を見ていると、デモには今後、容赦ない弾圧が加えられるだろうと容易に予想がつく◆香港のデモと「似て非なる」ものが、米軍普天間飛行場の移設に反対する辺野古の抗議活動だ。座り込みで交通渋滞が起き、市民に迷惑が及び、過激な行為で逮捕者が出る状況は同じ◆だが反対派に対し、政府が「暴徒」と公言することはないし、主要メディアの報道では、むしろ反対派が英雄扱いされる。抗議の当事者たちが一所懸命なのは同じだが、権力や社会からの圧力の強さは、比べものにならない◆辺野古の反対派がいくら「沖縄には民主主義がない」と叫んでも、香港と辺野古の違いは、日本に厳然として民主主義が存在していることを示す。反対派が民主主義を引き合いに工事を糾弾するのは、そろそろ止めたほうがいいのではないか。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  国内外からIT関連企業や団体が参加した展示会「リゾテックおきなわ国際IT見本市2020」(主催・同…
  2.  県は29日、与那国町在住の70代女性が町内で初めて新型コロナウイルスに感染した、と発表した。町は3…
  3.  世界規模の総合観光イベント「ツーリズムEXPO(エキスポ)ジャパン旅の祭典in沖縄」(主催・日本観…

日付から記事を検索

2020年10月« 9月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  沖縄平和市民連絡会の関係者らは19日、県庁を訪れ、米軍普天間飛行場の辺野古移設に必要な土砂が採掘さ…
ページ上部へ戻る