心躍る道ジュネー披露 県内各地で旧盆エイサー始まる

那覇市松島青年会による道ジュネー=12日夕、ファミリーマートおもろまち四丁目店

 旧盆中、地元の青年会などがエイサーを舞いながら地域を練り歩く「道ジュネー」が旧盆前夜にあたる12日夕、県内各地で始まった。那覇市松島青年会では、地域の無病息災や安全、繁盛を祈って道ジュネーを盛大に行った。
 午後6時半からファミリーマートおもろまち四丁目店前から開始。約10カ所の会場を周り、それぞれに集まった観衆は指笛や太鼓の音に聞き入った。
 同青年会の宮良光樹副会長(22)は「約1カ月間、夜遅くまで毎日練習してきた。例年より良い状態で今日を迎えることができたと思う」と振り返り、「道ジュネーを見てくれる人が心躍るような演舞を披露していきたい」と意気込みを語った。
 同青年会では昨年に引き続き、東日本大震災で被害を受けた人に募金の一部を贈る取り組みも行っており、各会場で募金を呼びかけている。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  県は新型コロナウイルス感染症の流行第2、第3波に備え、医療提供体制や県内の感染状況に応じた4段階の…
  2.  石垣島製糖株式会社の松林豊社長(68)は2日、八重山日報の取材に応じ、新工場建設に向けた国の補助事…
  3.  東京都で2日、新型コロナウイルスの新規感染者数が100人を超え、感染再拡大の懸念がますます高まって…

日付から記事を検索

2020年7月« 6月
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  沖縄平和市民連絡会の関係者らは19日、県庁を訪れ、米軍普天間飛行場の辺野古移設に必要な土砂が採掘さ…
ページ上部へ戻る