知事「辺野古解決に全身全霊」 翁長氏一周忌、しのぶ会

翁長前知事を偲びあいさつする玉城デニー知事=22日、沖縄空手会館

 米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古移設に反対し、在職中の昨年8月8日に死去した翁長雄志前知事=享年67=の1周忌を迎え「偲(しの)ぶ会」(呉屋守将実行委員長)が22日夕、豊見城市の沖縄空手会館で開催された。午後6時時点で540人が参列した。
 玉城デニー知事は「翁長知事の思いを受け継ぎ、辺野古新基地問題や過重な基地負担、子ども貧困問題など、さまざまな課題の解決に向けて全身全霊で取り組んでいくことを誓う」とあいさつした。
 親族を代表して翁長樹子夫人は「知事になってから心で笑うことはなかったと思う。あの4年は怒りよりも悲しみの方が大きかった」と回顧し、涙をぬぐった。翁長氏が晩年「政治家は使い捨て。次につなげばいい」と口癖のように話していたというエピソードも紹介した。浦崎唯昭元副知事、城間幹子那覇市長もあいさつした。
 式典後の懇談会で新里米吉県議会議長は「玉城県政を支えていくので安心してください」と述べて献杯した。
 偲ぶ会は、翁長氏にゆかりのある政財界関係者らが開催した。会場には知事時代のスーツ姿の遺影が飾られ、参加者は黙とうしてその死を惜しんだ。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  中国海警局の船が尖閣諸島周辺海域に侵入し、与那国町漁協所属の漁船を追尾した問題で、県東京事務所の上…
  2.  任期満了に伴う沖縄県議選が29日告示される。石垣市区(定数2)では、ともに2期目を目指す与党の無所…
  3.  石垣市観光交流協会は新型コロナウイルス感染防止策を観光業の業種別にまとめたガイドラインを策定した。…

日付から記事を検索

2020年5月« 4月
« 4月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  憲法記念日の3日、自主憲法制定沖縄県民会議(西田健次郎会長)は県立博物館・美術館で「新しい憲法をつ…
ページ上部へ戻る