県代表、上位4県に入らず 川原壯太選手個人1位を記録 アーチェリー国体九州大会

親指を立て記念撮影をする壯太選手(左端)、仲本選手(右端)、輝久選手(右から2人目)=25日午後、佐賀県鹿島市(輝久選手提供)

 アーチェリー競技の国民体育大会第39回九州ブロック大会が25日、佐賀県鹿島市で行われた。八重山アーチェリー協会副会長の川原輝久選手(55)と日本体育大学4年の壯太選手(21)の親子が成年男子の部の県代表として出場したが、4位の大分県と29点差で5位となり、茨城国体・第74回国民体育大会への出場はならなかった。
 大会は70㍍の1ラウンド36射(360点満点)を2ラウンド行い、合計点が高かった上位4県が茨城国体への出場県を得る。結果は、➀熊本➁長崎➂福岡➃大分➄沖縄➅佐賀➆鹿児島➇宮崎―だった。
 沖縄県代表は八重山から川原親子、本島から仲本博貴選手の3人。壯太選手は666点と個人1位を記録。仲本選手は602点で17位、輝久選手は585点で20位だった。
 壯太選手は「強豪が揃う九州ブロック大会で5年連続出場し、今年は個人優勝。さらなる勢いで石垣島から東京オリンピック出場を勝ち取りたい。応援よろしくお願い致します」と話した。
 輝久選手は「非常に残念だが、レベルが上がっている九州で昨年の7位から5位に浮上した」と振り返り、「壯太は練習ではオリンピック選手レベルの680点は出す。オリンピックを目指し、今後の公式戦や記録会に臨む」と期待した。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  環境省沖縄奄美自然環境事務所(東岡礼治所長)は23日午後、新たな試みとなる「侵略的外来種に関する簡…
  2.  沖縄総合事務局は23日、2019年の国内港へのクルーズ船寄港数の速報値を発表した。那覇港が260回…
  3.  県は世界自然遺産登録候補地、西表島の入域観光客数の上限となる基準値を、2009年~18年までの10…

日付から記事を検索

2020年1月« 12月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  石垣市議会は17日、尖閣諸島周辺海域で石垣市の漁船が中国公船に追尾されたことを巡り、玉城デニー知事…
ページ上部へ戻る