地図に自然災害伝承碑 石垣市も登録申請へ

新地図記号の「自然災害伝承碑」(国土地理院提供)

 国土地理院は、自然災害への理解を深めることを目的に、自然災害に関する伝承を記した碑などが存在することを示す地図記号「自然災害伝承碑」を掲載した2万5千分1地形図を1日から刊行開始したと発表した。
 自然災害伝承碑は今年3月に発表され、6月からWEBサイトでも新地図記号が記載された地図をリリース。今回は紙媒体の地図にも追加した。
 地図記号は各自治体からの申請を元に記載され、これまでに278カ所が公開された。1日から刊行される地図には関東大震災や東日本大震災などを含む60カ所が記載される。
 県ではこれまでに名護市の3カ所が公開されており、石垣市は現在「明和大津波遭難者慰霊之塔」、「津波大石(ツナミウフイシ)」の登録に向け申請を進めている。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  竹富町議会(新田長男議長)12月定例会では一般質問最終日の12日、上盛政秀、仲里俊一、那根操の3氏…
  2.  宮良小学校(仲間一史校長、全校児童133人)で、児童による無言清掃の試みが7月からスタート。毎日、…
  3.  石垣島製糖㈱(松林豊代表取締役社長)は12日、構内で2019/2020年期の製糖開始式を開いた。製…

日付から記事を検索

2019年12月« 11月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  貨物の集約や保管、梱包などをワンストップで実現し、県内最大級の物流センターである那覇港総合物流セン…
ページ上部へ戻る