11月9日に健康福祉まつり 障害者「市民のつどい」も

健康福祉まつり実行委員会の初会合が開かれた=19日午前、健康福祉センター

 市民の健康増進や福祉充実を広くアピールする第10回石垣市健康福祉まつり・第39回障がい者週間市民のつどいが11月9日、市健康福祉センターで開かれる。19日、同まつり実行委員会(委員長・中山義隆市長)の初会合が同センターで開かれ、今後のスケジュールなどを確認した。
 スローガンは「見直そう、あなた自身の生活習慣」「相互理解と共存共生をしよう」など4項目。出展の申し込みを今月20日まで受け付ける。事務レベルの調整を行う運営委員会を経て、10月17日の第2回実行委で具体的なプログラムなどを決める。
 同まつりは例年、12月に開催されているが、今年は住民健診の日程と重なるため時期を早めた。
 「障がい者週間・市民のつどい」は市が主催し「三共(ともに)の心でつくる、ゆめみらい・いしがき」をスローガンに、障害者のステージやボランティア体験コーナーなどが予定されている。
 12月11日にはイベントの一環として手話劇を開催する。
 委員からは「石垣島まつりは盛大に開催されるが、健康福祉まつりはアピールが弱いのでは」と早期の周知に取り組むよう求める声が出た。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  石垣市議会の「平得大俣地域への陸上自衛隊駐屯地配備に関する特別委員会」(長山家康委員長、10人)が…
  2.  県は27日夜、危機管理体制本部会議(本部長・玉城デニー知事)で肺炎を引き起こす新型コロナウイルス感…
  3.  新型コロナウイルス(COVID19)の感染拡大に伴い、学校行事の規模縮小や時間短縮などを求めた25…

日付から記事を検索

2020年2月« 1月
« 1月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  沖縄「建白書」を実現し未来を拓く島ぐるみ会議名護(稲嶺進代表)は19日、辺野古の埋め立て用土砂の搬…
ページ上部へ戻る