協議会で利用ルール策定 名蔵アンパル保全で来年度

名蔵アンパル保全・利活用推進協議会の初会合が開かれた=25日午後、健康福祉センター

 石垣市は、ラムサール条約登録湿地である名蔵アンパルの保全・利活用推進協議会(島村賢正会長)の初会合を25日、健康福祉センターで開き、名蔵アンパルを保全しながら利活用するためのルールを来年度に策定する方針を確認した。今年度はルール策定の前段階として、10月から名蔵アンパルの現状を把握するための自然環境基礎調査と環境カルテの作成に入る。
 名蔵アンパルは土砂流入や水質悪化が進み、陸化の進行や干潟の減少などの問題が指摘されている。協議会は官民の関係者21人で構成。名蔵アンパルを利活用するためのルールとなる「名蔵アンパル保全・利用計画」を策定し、課題解決に向けた具体策を盛り込む。

記事の続きを見る場合にはログインが必要です。会員登録は無料です。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  かりゆし病院での院内感染の発生を受け、石垣島のフラサークル「メケ アロハ プメハナ」(内間知恵子代…
  2.  県は24日、石垣市で、市在住の男女2人、かりゆし病院の職員3人、聖紫花の杜職員1人の計6人が新たに…
  3.  2008年11月以降運休状態が続いている石垣―波照間航空路線運航の早期再開を目指す竹富町は6日午後…

日付から記事を検索

2020年10月« 9月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  儒教の祖・孔子をまつる「孔子廟(びょう)」のため、那覇市が松山公園内の土地を無償で提供していること…
ページ上部へ戻る