災害時に大型重機活用 市消防が建設4社と協定

応援協定締結事業者4社の代表者と大濱安久消防長(中央)=27日、石垣市消防本部

 石垣市消防本部(大濱安久消防長)は27日午後、同所で、解体などを取り扱う市内建設業者4社と、災害時に大型重機支援に関する応援協定を締結した。
 災害時に企業が所有する大型重機などを活用し、消防本部と連携して復旧作業などを行うもの。
 締結した企業は、株式会社八島建設(仲座長市代表取締役)、丸尾建設株式会社(丸尾剛代表取締役)、有限会社丸生重機(玉城淳二代表取締役)、有限会社砂盛土木(砂川盛範代表取締役)の4社。
 代表して八島建設の田村一生取締役は「所有する大型重機が役に立てるのであれば大変うれしく思う。災害はいつ発生するかわからない。消防本部と連携し万が一に備えて協定を結ぶことは重要」と話した。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  グレイトアース第12回石垣島ライド(主催・石垣島ライド実行委員会)が8日、舟蔵児童公園を発着点に開…
  2.  障害疑似体験、パラスポーツ体験、啓発パネルを通して心のバリアフリー実現への普及啓発を行うイベント「…
  3.  石垣市立白保中学校創立70周年記念式典・祝賀会(主催・同校創70周年記念事業期成会)が8日午後、同…

日付から記事を検索

2019年12月« 11月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  千葉市に住む50代の日本人男性と約25年間同居している40代の台湾人男性に対する国外退去処分を法務…
ページ上部へ戻る