災害時に大型重機活用 市消防が建設4社と協定

応援協定締結事業者4社の代表者と大濱安久消防長(中央)=27日、石垣市消防本部

 石垣市消防本部(大濱安久消防長)は27日午後、同所で、解体などを取り扱う市内建設業者4社と、災害時に大型重機支援に関する応援協定を締結した。
 災害時に企業が所有する大型重機などを活用し、消防本部と連携して復旧作業などを行うもの。
 締結した企業は、株式会社八島建設(仲座長市代表取締役)、丸尾建設株式会社(丸尾剛代表取締役)、有限会社丸生重機(玉城淳二代表取締役)、有限会社砂盛土木(砂川盛範代表取締役)の4社。
 代表して八島建設の田村一生取締役は「所有する大型重機が役に立てるのであれば大変うれしく思う。災害はいつ発生するかわからない。消防本部と連携し万が一に備えて協定を結ぶことは重要」と話した。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  夏の全国高等学校野球選手権沖縄大会に代わる独自の県大会公式戦「2020県高校野球夏季大会」(主催・…
  2.  本格的な夏を迎えて熱中症対策用品が石垣市のスーパーやホームセンターの売り場を賑わせている。空調服や…
  3.  政府と県の対立が膠(こう)着状態に陥っている米軍普天間飛行場の辺野古移設問題を打開するため、中谷元…

日付から記事を検索

2020年7月« 6月
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  沖縄「建白書」を実現し未来を拓く島ぐるみ会議名護(稲嶺進代表)は19日、辺野古の埋め立て用土砂の搬…
ページ上部へ戻る