災害時に大型重機活用 市消防が建設4社と協定

応援協定締結事業者4社の代表者と大濱安久消防長(中央)=27日、石垣市消防本部

 石垣市消防本部(大濱安久消防長)は27日午後、同所で、解体などを取り扱う市内建設業者4社と、災害時に大型重機支援に関する応援協定を締結した。
 災害時に企業が所有する大型重機などを活用し、消防本部と連携して復旧作業などを行うもの。
 締結した企業は、株式会社八島建設(仲座長市代表取締役)、丸尾建設株式会社(丸尾剛代表取締役)、有限会社丸生重機(玉城淳二代表取締役)、有限会社砂盛土木(砂川盛範代表取締役)の4社。
 代表して八島建設の田村一生取締役は「所有する大型重機が役に立てるのであれば大変うれしく思う。災害はいつ発生するかわからない。消防本部と連携し万が一に備えて協定を結ぶことは重要」と話した。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  かりゆし病院での院内感染の発生を受け、石垣島のフラサークル「メケ アロハ プメハナ」(内間知恵子代…
  2.  県は24日、石垣市で、市在住の男女2人、かりゆし病院の職員3人、聖紫花の杜職員1人の計6人が新たに…
  3.  県は23日、八重山、宮古島地方を視察した自民党県議団で石垣市区選出の大浜一郎氏(58)ら9人が新た…

日付から記事を検索

2020年10月« 9月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  沖縄県は17日夕、クロマグロ漁で県内割当量の95%(約107・8㌧)に達したため、採捕停止命令を告…
ページ上部へ戻る